POI Architecture

About us

POI によるリノベーション、リフォーム設計・監理業務の流れと業務報酬について

『POI の企画提案業務』

. 【お問い合わせ・ご相談】
当HPの WEB DESK (⇒)から受付しております。
 
. 【建築計画のご提案】
→建築イメージをご提案します。詳細は、POI 設計提案サービスをご覧ください。
_____________________________________
 
『POI の標準的な設計業務』
 
2.【設計・監理契約】
依頼者と当事務所との間で、設計・監理契約を行い、設計業務を開始します。
 
↑契約後、設計監理報酬金額の20%をお支払いいただきます。
 
3.【基本設計】

現地調査、役所調査を行い、企画設計の段階で提案した計画案をより具体化していきます。依頼者のご要望等も再度ご検討、確認して頂き、設計図書(各種図面と仕様書)を作成します。同時に、設備や内外装の仕上・仕様に関してのイメージも設計者と依頼者との間で共有していき、予算内で収まるように検討します。

↑基本設計後、設計監理報酬金額の20%をお支払いいただきます。

4.【実施設計】

基本設計で、設計プランの基本的なものが完成しますが、実施設計の段階ではそれをより具体的に検討し、建築工事を見込んで詳細な設計図書を作成していきます。採用する材料や設備機器などを決定し、工事費の見積が可能で、しかも各部のデザインが解かる図面(デザイン、構造、設備、外構)を作成します。
↑実施設計後、設計監理報酬金額の20%をお支払いいただきます。

5.【工事費見積(相見積)】

依頼者が指定する工事会社のない場合、施工会社3社〜5社に対して見積を依頼し、見積書の内容の比較検討を行います。同時に施工会社選定時のアドバイスも行い、最も妥当な施工業者の選定、そして依頼者と施工会社の工事請負契約締結をサポートしていきます。

6.【確認申請】

リフォームの種類によって、役所に申請図書を提出し建築確認する必要があります。その場合は、確認済証を取得後、工事着工となります。

↑設計業務終了後、あるいは確認申請終了後、設計監理業務報酬金額の10%をお支払いいただきます。
 
_____________________________________
 
『POI の工事監理業務』
 
7.【工事着工】
設計者は依頼主の代理人として、発注者の立場で工事監理を行います。施工会社が設計図書・仕様書に従って施工しているかのチェック、指導を行なっていきます。
↑着工時、設計監理報酬金額の20%をお支払いいただきます。
 
8.【竣工、引渡し】
建築工事が完成すると、竣工検査を行います。検査により不備などが見つかった場合、駄目工事をしてもらうことが可能です。施工業者から建築物の引渡しを行い、入居が可能となります。
 
↑ここで工事監理業務は終了します。竣工後、設計監理報酬金額の10%をお支払いいただきます。

_____________________________________

9.【フォロー】
完成後、入居時には気付かない不都合なども生じる可能性がありますので、随時お問い合わせに対して回答し、処理していきます。
POI によるリフォーム設計・監理業務報酬について

標準的な設計監理業務報酬に関しては、国土交通省告示第1206号による算定式をベースに建築工事費との関連で個別に報酬額を決定しています。下記は報酬の目安金額です。

建築工事費  200万円 × 0.200 = 40万円
建築工事費  400万円 × 0.181 = 72万円
建築工事費  600万円 × 0.162 = 81万円
建築工事費  800万円 × 0.137 =103万円
建築工事費 1000万円 × 0.125 =125万円
※リフォームのスケジュール
0.構想
どのようなリフォームを考えているかのイメージづくりと予算の検討を行います。
 
1.リフォーム・パートナーの検討と選定
設計事務所・工務店などのこれから創る建築のパートナーとなる業者を比較検討し、選定します。
2.資金計画
自己資金と借入資金(ローン)の配分を決定し、借入先(金融機関など)の検討をします。資金と建築にかかる支払いスケジュールなどを踏まえ、自分たちに最も適したローンの借り入れ先を検討する必要があります。
 
※工事金額の支払い時期とその配分は施工会社との契約内容に依ります。それにより、資金借入以前に工事金額を支払う場合ことになりますので、つなぎ融資や公庫の中間金借入制度を受けるなどの対処法があります。もちろん自己資金があれば問題ありません。
 
※設計監理費用の支払いスケジュールは上記『POI によるリフォーム設計・監理業務の流れと業務報酬について』に記載しています。
 
3.設計契約(以下はパートナーを設計事務所に決定した場合)
施主と設計事務所との間で設計監理契約を行い、希望のリフォームプランとその予算を確定するために、基本設計・実施設計を行います。
 
4.施工業者の選定と契約
設計図書の見積金額と内容により、施工会社の選定を行い、施主と施工会社との間で工事請負契約を行います。
 
6.建設工事
施工会社(工務店など)が設計図書に基づき、工事を行います。
 
.引渡し・登記
工事金額支払い残金を完済し、施工会社から建築物の引渡しを行います。工事部分の引渡し証明書や新しく設置した設備などの取り扱い説明書や保証書、鍵など受け取ります。
また、引渡しと工事金額の支払い時期については、工事請負契約時に施工会社としっかりと打ち合わせの上、決定しておく必要があります。
 
8.ローン契約
借入先の公庫や金融機関などとローン契約を行います。この資金を利用して、工事途中や引渡し時に借入したつなぎ融資などの返済をします。
 
9.新生活の開始
新しい家具や備品の購入後、新生活が始まります。
POI の考え方について
POI__thinking

TOP PAGE

WORKs

About us

WEBDESK

PROPOSAL

BBS
Copyright : (C) 2002 POI Architecture . All rights reserved.